自分の精子の状態を知りたい時は不妊治療クリニックで検査

遺伝子の模型

精液検査で自分の精子の状態を知ろう

男女マークの紙コップ

結婚後1年で、普通の夫婦生活を送っても妊娠しない場合は不妊が疑われるため、不妊治療専門クリニックに相談、受診を検討すべきでしょう。不妊治療を始めてしばらくは不妊の原因を調べる検査がメインです。それは女性だけでなく、男性側の検査も含まれています。
男性の検査は主に精液検査です。精液中の精子の量や、精子の形、運動を確認します。精子の量や運動は受精の確率に大きく関係しますので、大切な検査です。体外受精という方法をとることになる場合には再度精液検査を行い、精液中の精子から選び、体外受精を行います。
不妊治療、というイメージはどうしても女性をメインに考えてしまいがちですが、女性不妊と男性不妊の割合には殆ど差がないと言われているそうです。原因が分かれば治療方法も医師と相談できるでしょう。不妊について、自分に原因があったらどうしよう、などと考え、不安になるでしょうが、それはパートナーも同じです。こればかりは検査をしてみなければわからないことです。それでも不妊治療専門クリニックを受診してみようと決めたら自分のため、パートナーのため、将来授かるかもしれないこどものためにもきちんと精液検査を受けて頂くことをオススメしたいと思います。

  • フラスコと白い液体

    不妊かもしれないと思ったらまずは精子検査をしてみよう

    子供が欲しいけど中々出来ずに不妊検査をしようと考える人は多くいますが、不妊の原因が女性だと思う人が多くいます。しかし原因は男女半々であり、両方検査する必要があります。なので、子供が中々出来ないと思ったら男性側もぜひ不妊治療専門クリニックに相談し、自分の精子を調べてもらう事をおすすめします。男性の検査は、主に精子を採取し、精子の量、運動率、そして精子が奇形か正常かを調べます。最近は世界…