自分の精子の状態を知りたい時は不妊治療クリニックで検査

遺伝子の模型

不妊治療を始める時には精子の検査を

顕微鏡で観察

不妊治療を始める際に重要となるのが、男性側の協力です。どれだけ良い治療を行っても、男性側の精子の状態に問題があるのでは、なかなか妊娠という結果に繋がらない状態が続くことになります。この場合、治療にかかる費用が嵩むだけでなく、治療期間が長くなる間にも加齢が進み、さらに妊娠が難しい状態となってしまうことは少なくありません。こうした状態を避けたいのであれば、不妊治療専門クリニックに相談に行った時点で精子検査を受けておくこと、さらに体外受精まで進んだ時には高精度の精子検査を受けておくことが有効です。
精子の中でも、質の良い精子を選び出すことで、体外受精の成功率を高めていくことができます。そのために欠かせないのが、DNAレベルまで精子の状態を検査し、その中でもより良い精子を選び出す高精度の精子検査です。高精度の精子検査でより良い精子を採取したい場合は、栄養バランスを考えた食事やストレスが少ない生活など、精子の質を高めるための生活を心がけておくと良いでしょう。精子の質を高める努力など、男性側もできることをしっかりとしておくことで、治療を受けた時に妊娠という結果に繋がりやすい状態を作っていくことができます。

  • フラスコと白い液体

    不妊かもしれないと思ったらまずは精子検査をしてみよう

    子供が欲しいけど中々出来ずに不妊検査をしようと考える人は多くいますが、不妊の原因が女性だと思う人が多くいます。しかし原因は男女半々であり、両方検査する必要があります。なので、子供が中々出来ないと思ったら男性側もぜひ不妊治療専門クリニックに相談し、自分の精子を調べてもらう事をおすすめします。男性の検査は、主に精子を採取し、精子の量、運動率、そして精子が奇形か正常かを調べます。最近は世界…